リペアショップに学ぶ仕事の質

先日、ギターを改造と調整するのにリペアショップに行ってきました。

Before
本当は友達の慶太郎くんが江古田でリペアショップをやっているので、そこにお願いするつもりだったんですが、けっこうめんどくさい改造だったし、初回はこのギターの前オーナーである石川さんが信頼しているというお店でお願いすることにしました。

(慶太郎くんごめん!フレット交換する時はお願いします)

アコースティックギターは勝手がわかるので、早さとか安さとか調整の具合でいくつかアテがあるんですが、エレキギターの場合はリペアそのものをやったことがないので、どこのお店がどういう風にやってるのか全くわかりませんでした。

こちらのお店は平井という変境地にあるんですが、ホームページをみると見事にグレッチやヘンテコなギターが集まっておられるので、ちょっと特殊な構造でも安心しました。

お店でまず見てもらって、状態と仕上がりを相談させていただいたのですが、ギターのその分解スピードの鮮やかな手さばきといったら、「これはプロだなあ」と関心しっぱなしでした。
しかも本当に丁寧。
リペアやってるとこ間近で見たことあんまないからみんな手早いんだろうけど、そういうのって大事ですよね。おれも自分の仕事に重ねて見習いました。

改造と調整内容は

  • Bigsbyアームのとりつけ(石川さんに教えてもらってヤフオクでおとした)
  • トーンユニットなくして2ボリューム配線
  • ピックアップセレクターの修理
  • 配線材全交換
  • ブリッヂ台座の固定(ピンどめ)
  • ネック調整

でした。

で、追加料金なしで2万。
これが高いか安いかわかんないですが、俺にとっては安いと思いました。

事前にメールでは「三週間程度預かります」とおっしゃってたので、楽器屋通してないから当然ですが、「早いなあ」と思いました。しかし当日相談したら「1週間から10日でできます」と言われ、結果6日で上がりました。

「あの、この構造(裏ブタとか一個しかない)めんどくさそうだしいっぱい直すとこあったんですが、大変でしたよね・・?」

と伺ったら

「いや別に・・」

とのことなので、そんなにご負担ではなさそうでよかったです。修理待ちが少なかったとも言ってましたが。

after
 
超かっこいいんですけど

穴はなんかで塞ぎます
はじめに時間を多めに伝えて、結果それよりも早く上がるというのはプロとしては大切なことで、ここでも見習うところがありました。

リペアの世界ではたしかにこの程度なんでしょうけども、こちらでの対応と手つきのソフトな感じに感動したのと、こういう世界が新鮮に感じたのでとても楽しかったです。

石川さん、保科さん、いろいろありがとうございます。

↑二日酔い

んで、その後音出したんですが、なんつーか音がよくなりました。

これ気のせいじゃなくて、なんか全部ハマった感というか。
チューニングも安定したし、ビグスビー効果で音がブライトになるって感覚もちゃんとありました。
(ちなみにこのアームは現行品で安定してるやつです。ビンテージはいろいろダメっぽい)

広告

男特有のこだわり

いろんな人にいろんなこだわりがあるのですが、女性より男性の方が人から見たらどうでもいいこだわりが激しいように感じます。
俺のギターに対するこだわりは、本当にごく一部の人しか共感できないし、なんなら反感すら買いかねない内容になってます。

ストラップ探すのに半年以上かかったし、黒い革のやつ買ったんですが、買ってもサイズ幅をミリ単位で調整するほどのこだわりです。
人によっては金をかけるし、人によってはブランドにこだわります。
ただ、小言を言わせて頂ければ「使ってる本人が納得」であれば、他人がどう感じようと一番それがいいものだと思います。

結局高いものを身につけても、それが似合ってない人ほどダサいものはないんですが、本人がいいならいいと思います。
だって他人が自分の事なんてわかるワケないんですから。

とはいえ、同じ好みがある仲間であれば助言や例を挙げる事はできます。

コミュニティはそのためにあるんです。

「そんなことより働け!これ以上家計を圧迫するんじゃねえ」と、家庭をもったり生活が絡んだりするとよくある話ですが、支出が常識の範囲であればそれを抑制するのはナンセンスだと思います。
なぜなら男(中には女性も)がもつこだわりを潰しても、生活に対するパフォーマンスが上がるどころかむしろマイナスになるのです。

「俺もバンドをやめて心を入れ替えてがんばろう」

なんて人間は稀です。

「バンドもやって仕事も頑張る!」ってほうが絶対にいいです。明るいから。

なので、こだわりはあくまで金のかかりすぎない範囲であればそれぞれこだわり続けるという事が健全だと思います。

10/6 音小屋


(Set)

アンセントフィッシュ・クラシック

レンズ

赤い月

コザ

あの子と会う日はいつも雨の日

茜さす

板橋慕情

毎年ほんとに良くしていただいてます。

雨降らない気がするとかいって全然降ってました。

でも雨の中なのにみんな来てくれてありがとう〜!

東京では馴染みのナンバーでも、たまに出る店は定番のセットリストで演るとグッと来ますね。

みんなと話せてよかったし西村くんのCDも買って満足で帰路についております。

企業によるいじめ

世の中、昔からそうとも言う人もいるけど、個人か大企業の二択で、中小とか真ん中がどんどんなくなってったり苦しかったりします。
収入もそうだけど、一割の高所得者と9割の低所得者で、平均値にあてはまる人は実はそんなにいないとかなんとか。

SNSでよく見る仕事うまくいってる系ポストは、なんだか別世界のように感じるものもあります。

中小で働く俺たちは、日々なんとかやってってますが、基本的には大手が決めてる世の流れに逆らうと死にます。

かといって大手に再就職も考えた時期もあるけど、今更たいしていい条件でもないのに人の下で働く気にならず、今の状況に至ります。
なんかバブリーな仕事や人材が尊敬されるような風潮が嫌です。

(そう言う事いってる人間が何も生み出さないのかもしれませんがね!)

というワケで、今日は横浜、関内、寿町の音小屋です。

雨降ってたらごめん!!

あとデボラのみんなが新宿でライブする日にかぶってるけどごめん!!!

10/6(金)

寿町 音小屋(神奈川)

http://taku6.wixsite.com/necoya
【サザエさんで笑える大人になりたいなあ】
open/19:00

start/19:30

charge/¥1800(1D inc )

live/

西村勇紀

中村壮一

水玉金太又蔵

田中雅紀

在庫なくなんないんですよね。すみません。

関係ないけどまだ店頭で売ってるお店もあるよ。おれのCD。
ライブでも売ってるよ。

100キロ走る話はどうなったんだ

IMG_4705.jpg

 

9月に100キロ走るって自分で言ってたのですが、如何せん仕事が遅いのとライブのための練習、それにスタジオ遊びの練習や家事etc、ちょっときつかったです。

 

だいたい、時間がもともとないくせに運動をするなんてのがおこがましい限りで、走ったところで寿命を縮めるのがオチなので、今後は大きな事は言わずに取り組んでいかなきゃ日常的に運動されている方に失礼だと思いました。

 

 

 

 

IMG_4674.PNG


 

 

というわけで100㎞達成しました。

 

 

後半はダラダラと走ってましたが、一回の走りで15キロ前後は余裕で走れました。(超おせえけど)

 

 

IMG_4486.PNG

走る前(6月から走ってない)

 

IMG_4673.PNG

 

9月。

 

IMG_4481.jpg

走る前の体重(61.5キロ)

 

 

 

 

IMG_4611.PNG

IMG_4586.jpg

サウナスーツを着て50キロくらい走った時は56.5キロになってました。(マイナス5キロ)

これまで一回の限界の距離は12キロ程度でした。

 

 

 

んで、100キロ走った時の体重は

 

IMG_4715.jpg増えてる

 

 

まあでも最終的にはマイナス3.6キロ。

 

 

色々わかった事は、

  1. サウナスーツを着て走ると極端に水分が抜けるので体重は減る(ただし、それは必要な水分なので水飲めば戻る。一時的なので短期の減量向き)
  2. サウナスーツを着ないで走るとめちゃめちゃ距離が伸びる(50キロ以降は着てない)
  3. サウナスーツを着ようが着まいが痩せるは痩せる(着なくても走り続ければ食ってもそんなに体重は戻りづらくなってる)
  4. 食ってたら痩せない(でも体脂肪率は良くなってるのかも)
  5. ダラダラ走ってもダイエットには効果ある(タイム意識してもしなくても体重の減り方は変わんない)

 

 

というワケで、今度の金曜は年に一度のお楽しみ、関内の良い子が集まるライブハウス”音小屋”で音楽会をやるよ!
10/6(金)

寿町 音小屋(神奈川)

http://taku6.wixsite.com/necoya
【サザエさんで笑える大人になりたいなあ】
open/19:00

start/19:30

charge/¥1800(1D inc )

live/

西村勇紀

中村壮一

水玉金太又蔵

田中雅紀

気合いいれてかかってこい!!! 

人の夢に出て来る率

人の夢に出演する率が高すぎます。

今朝はスタッフの金森の夢に出てきて、豪勢な料理が並ぶ中、俺が作った生肉だけをひたすら食わされる夢を見たそうです。
立場的に「まずいです」とは言えず、火の通ってない肉を飲み込めないまま朝が来て、非常に目覚めが悪かったというクレームを受けました。

オーナーの林さんは、俺がバイクで出勤したにも関わらず、飲酒運転で帰って捕まり、翌日マスコミが店に集まって来たという夢を見たそうです。

お酒を飲んでるとわかっていながらバイクで帰す俺を止められなかったと自分を責めていましたが、みんな優しいので俺が悪いにも関わらず自分が我慢したり自責の念にかられるような非常に不愉快な思いをさせているそうです。

他にもしょっちゅう「夢にソウイチが出て来た」と聞きますが、現実世界の俺は何もしていないので、バッシングする前に一度冷静になっていただけると幸いです。

(ライブのお知らせ)


10/6(金)

寿町 音小屋(神奈川)

http://taku6.wixsite.com/necoya
【サザエさんで笑える大人になりたいなあ】
open/19:00

start/19:30

charge/¥1800(1D inc )

live/

西村勇紀

中村壮一

水玉金太又

田中雅紀

ぐるぐる

ライブライブライブってやってきて、あんましょっちゅうやってもしょうがないからってライブ減らして、でも何か生活から遠のくのもなあっていろいろはじめたりやめたりしてきましたが、なんだかやっぱりおんなじところをぐるぐる歩いているだけのような気がします。そういう風にぐるぐる回ってると、だんだん気持ち悪くなってきて、取り組んでいる全てをやめたくなります。やめたらなんとかなるだろうと思ってやめても、なんにもならず、結局また同じところをぐるぐる歩きはじめることになるのです。ただ、そんなことを繰り返してきても、ある程度の社会性というのは養われてきたので、大筋では自分のやってる事が間違ってはいないのかな、とも思います。とにかく、いつも矛盾と迷走を繰り返して歩き続けています。

味噌一の冷やしが終わる

ウチの近くに味噌一っていう味噌ラーメン屋さんがあるんだけど、別に特別美味しいワケじゃないんです。
でも、4月から9月いっぱいまでに登場する「冷やしぶっけかけ」なるものがすごく美味しいんですよ。
冷やし中華の類いですね。

なので4〜9月の間だけ、味噌一には行く事があります。

しかしそれも終わると、なにか冬の訪れを感じずにはいられません。
(10月のライブ)
10/6(金)

寿町 音小屋(神奈川)

http://taku6.wixsite.com/necoya
【サザエさんで笑える大人になりたいなあ】
open/19:00

start/19:30

charge/¥1800(1D inc )

live/

西村勇紀

中村壮一

水玉金太又蔵

田中雅紀

10/25(水)

江古田フライングティーポット

http://flyingteapot1997.wixsite.com/ekoda-flying-teapot
【江古田音楽祭企画】
open/未定

start/未定

charge/未定

live/

安田太

ぱんきん

城本奈美

中村壮一

コンプレッサーってあったほうがいいの?

レコーディングではコンプレッサーの奥深さを随分とまなびましたが、ギター用エフェクターとしてのコンプレッサーってもしかしたら俺にとっては必要なんじゃないだろうか。

とはいえ、コンプをかける=もとの音が変わると解釈してもいいくらいに思ってるので、やっぱりいらないと思ったり、リード弾くときになんか音が細くなったりするので、あるとやりやすくなんのかなあ。
歪ませて弾きやすくするってのはできればあんまやりたくないし。