ギターに使われる木材の偏った話

こんばんは。

明らかにソウイチです。

 

楽器に木材はとても関連深いものなんですが、ことギターに関してはほぼ木なので材質というのはとても重要だと思います。

スタンダードなもので「ローズウッド」と「マホガニー」という主な材がありますが、それに付随して「メイプル」、「スプルース」、「エボニー」など、部分的に使われるものや、それらに似た安価な木材、高級だったり希少価値のある木材など様々です。

クラシックギターの世界では「シダーウッド」、ウクレレなどでは「コア(ハワイアンコア)」などなど。

 

もちろんそれ以外にも主になる木材もあるのですが、自分は特に「マホガニー」の鳴り方が好きです。

 

楽器業界での“三大”となると、ブラジリアン・ローズウッド、マホガニー、メイプル。予備登録がスプルース。サプライズがあるとすれば、コアっ by ジーコといった感じでしょうか。

(デジマートマガジン)

 

マホガニーにもいろいろ種類があるんですが、マホの音がちゃんと鳴ってるギターはだいたい弾きやすいです。
ギブソン社では、マホガニーを使ったギターが多いんですが、ギブソンを使ってる人が多すぎるので敬遠してるだけで、実際古いギブソンのスタンダードなギターは好きです。

特にアコースティックギター。

逆に英生さんみたいに腕で思いっきり弾く人はローズウッドのように硬い木を鳴らすことができます。

「ハカランダ(ブラジリアンローズウッド)」という今では手に入らない木材は、硬いとはいえ俺でも弾きやすかったです。

 

もっと硬い木はメイプル。

エレキギターのトップ材や指板などでも使われるのですが、稀にオールメイプル、フルメイプルといった全てメイプル材のクレイジーなギターがあって重いし硬いし本当に弾きづらいです。

(でもギブソンの現行モデルでオールメイプルのギターを弾かせてもらったけど、それはいい音した。ちゃんと作ってると鳴るんだって思った)

 

 

ただ、今までいろんなギターを弾いて最高にいい音がするアコースティックギターはマホガニーではありませんでした。
マホガニーは広く知られるポピュラーな材ですが、その木材を使ったギターはあんま弾いた事ないです。

 
それは「シカモア」というメイプルの仲間で、その中でも50〜60年は前のシロモノです。
前のメインで使ってたギターを探してる時に、栃木で一本、大阪で一本弾いた事があるのですが、珍しい割には安かったので悩みました。

 

ひとつは、YAMAHAのダイナミックギターというマニアックなギターの中でも更に珍しいものでした。

もうひとつは、kayというメーカー。3ピースの合板で、トップがシカモア。
どっちもすごく暗くて深い鳴り方で、不思議な音がして本当にすごく魅力的でした。

 
そんなに悩んでなぜ買わなかったかというと、やっぱりどうしても使い物にならなかったからです。

 

状態が悪すぎたし、よく鳴るかわりに脆そうだった。

 
実際使えなきゃ買ってもしょうがない、と思ったんですが、それ以降ヴィンテージのシカモアに出会う事はありませんでした。

 

 

シカモア

古くからストラディバリウス等の高級なヴァイオリンやギターの甲板として使用されたことで有名。



新しめのやつならエレアコとかでもよくあるらしいけど。

家具好きにはよく聞く材質かもしれないですね。

(あとでみよっと)

http://www.digimart.net/magazine/article/2014052200303.html

広告