素の技術

毛髪科学が発達して薬剤もけっこう進化してるんですが、そもそも髪が傷みやすい技術を美容師がわざわざやってんじゃないか時々思います。

新しい薬剤の講習でも講師の手つきが粗すぎるパターンとかあって、ベテランでもそーいうのよくあるようです。(もちろん他に学ぶべくとこはあるけど)


トリートメントやりすぎて髪に残ったベタベタ成分が酸化して結果傷むとか、保護しすぎてカラーとかパーマかける時に強めの薬使って結果傷むとかもあるので、なんでもケミカルケミカル言うまえに基本の技術を究めることも大事にしてます。

櫛の入れ方、ハケののせ方、髪の持ち方、乾かし方など。

濡れてる状態と薬剤が乗ってる状態の髪は膨らんでたり柔らかくなってたりするので、それを引っ張ったり切れないハサミで切ったりすると物理的に傷みます。

髪が傷むとスタイルが貧相になるので、基本的にはいい事ないです。

リノアーラはそーいうとこしつこく学びます(宣伝)。

(さらに宣伝)

“Hair&relaxation Rino a’ala”
東京都板橋区仲宿47-9

https://www.fb.com/rinoaala/
※ご予約優先制

(Tel)

03 3964 8907

(Web)

https://goo.gl/vrh33u
受付時間

平日 10:30〜20:00(カット)〜19:00(カラー・パーマ)

土日祝 9:30〜19:00(カット)〜18:00(カラー・パーマ)
定休日 毎週火曜日

広告