【衝撃事実】ビーダマンは昔ボンバーマンだった

「ビーダマン」というボンバーマンそっくりなデザインの玩具をご存知でしょうか。

お腹からビー玉が飛び出すだけなのに、小学生に大ウケし、漫画化、アニメ化、スピンオフまででるという特定の世代のメインカルチャーになったとかならないとかってシロモノです。

ビーダマン

なんかボンバーマンにそっくりだな〜

というか、見た目一緒だよなと感じながらも暗黙の了解で誰もそれを言わずに子供たちは締め打ちに励んでいたのですが、先日ビーダマンに詳しい方にお話を伺ったところ、

「ビーダマンはボンバーマンとして発売してた」という衝撃事実を教えてもらいました。
その後、ボンバーマンがビーダマンに乗り込んでビー玉を打つという業の深い設定を経て、小学生がそれを使って戦う「爆球連発 スーパービーダマン」というバトル漫画が大流行しました。

もちろん血とかバンバン流してます。

しかし実際は装備を充実させるほど安全という仕様になるのですが、時代が進むにつれビーダマンはこんなデザインのものになってるようです。

??
!?
「スーパービーダマンOSギア伊集院スペシャルケーニッヒケルベロス」
という名前からしてすごい勢いでビー玉が飛び出す事が伺えます。

そして注目したいのが右下のキャラクター

語脈からしておそらく伊集院くんだと思うのですが、ビー玉を弾くわりにはワイルドな風貌です。

ヒットを続けるとどこに向かってるのかわからなくなり、ドラッグに溺れるロックスターのように儚い何かを感じます。

ちなみに俺はミニ四駆世代なので特に興味はないです。

広告