ガールズバーに行ったよ2

こんばんは。高橋克典に似ていると言われる中村です。
その際に「高橋克典に似ているんじゃなくて、高橋克典似ているんだよ」と言ってしまい、場を炎上させました。
関係者のみなさまには深くお詫び申し上げます。

 

 

前にガールズバーに行った記事の内容を書いたんですが、その中でガールズバーに行ったことはない、と言ってたけどあれはウソでした。


よく考えたら板橋が誇る伝説のガールズバー『みくみく』にわりと行ってた時期がありました。

 

 

『みくみく』・・・・

中板橋の焼き肉屋『にくにく』内に存在するガールズバー。

『にくにく』の入り口入ってすぐに『みくみく』の入り口が出現し、一瞬パラレルワールドに迷い込んだような錯覚を体験できる。

東武練馬のドラマー「みっちー」の母君が運営される事で知られる。


 

みっちー

 


 



『みくみく』のシステムは、1時間1000円、ビールやハイボールなどが100円、ガールズにお酒を飲んでもらうと300円と、非常にリーズナブルな設定になっているんだけど、カウンターに「みっちー」と「バイトのガール」、そして「みっちーのお母さん」というスタメンで接客している事が多く、ガールズバーというものはこういう感じなんだと思っていました。

 

お通しで出てくる煮物や焼き魚がとてもおいしかったし、頼めば焼き肉も食べれるんですが、

しかし、

 

 

非常に酔いが回るペースが早く、酒になにか混入しているんじゃないかという疑いがずっと晴れませんでした。

 

 

みっちーが、

「俺も何か飲みたいんだけど」

とねだってきた時、

「勝手に飲めよ…」

と思ってたけど一応ルールにのっとってもらうようで(店員の飲み物は300円かかる)、

「おまえガールズじゃねえだろ!!」

と怒鳴ったら、

「心はガールズ!」

と言われたことがいまでも忘れられません。

 

そういえば

バイトのガールズは本当に普通のバイトの学生で、たしか「駒込で友達とたこ焼きパーティーがしたい」と言っていたので、材料の買い出しなら、とぱにっくだらいさんの八百屋を紹介したら本当に行ったようで、たくさんオマケをしたよぉ〜ご利用ご利用、とぱにっくだらいさんから聞いたことがあります。

一時期行けば誰かいる状態だったので、行けば泥酔して出てくる板橋不思議百景のひとつでした。

 

 

そもそも『みくみく』にはじめて行った時….

 

 

 

あっ長くなるんでやめます。

 

 

 

ちなみに今は残念ながら『にくにく』ごと閉店し、惜しまれながら『みくみく』はなくなってしまいました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして翌月くらいから大山で営業を再開していました。


居酒屋 みくみく

 

広告