勉三さんについて調べてみた

仕事中、ふと勉三さんが気になったので調べてみました。

苅野勉三(かりの べんぞう)

木手家の隣人の浪人生。キテレツからは勉三さんと呼ばれている。詰襟の学生服を着用し、レンズの分厚い牛乳ビンの底のような眼鏡をかけている。

初めは浪人生であったが、六浪の末に高尾大学経済学部に入学する。夏冬問わず詰襟の学生服を普段着としている。

出身は山形県で、純朴な性格。物語中盤頃から東北弁口調になる。キテレツをはじめとする子供たちには優しく、ちょっと頼りないお兄さん的存在。

極端な心配性で、傷つきやすくよく落ち込むこともある。友紀というガールフレンドがいるが、勉三は常に「他の男性に気が向いてしまわないか」「自分が嫌われてはいないか」と思い気を病んでいる。

特技は笛と編み物。人の食事中に訪問してしまうことがある。依存症になったこともあるほどのパチンコ好きだが、道楽つづらの一件以降は控えている。酒も好きで、酔いすぎて人間とバス停を間違えて家へ運んでしまった失敗談もある。また英太郎曰く、一週間同じ服を着ていても平気とのこと。少年時代にいたずらをしたときは罰として柱に縛り付けられた経験がある。中学時代に村の代表として下野動物園(上野動物園のパロディ)にパンダを見に行ったことがある。

愛車は赤のミニクーパーで、ナンバーは「練馬777-ぬ5300」。アニメでは頻繁に登場する。この愛車は雨漏りするほどの年代物で、ポンコツである。そのためすぐにオーバーヒートしてしまう代物で、坂道を上ると決まってエンジン故障するという「持病」を持つ。駐車違反でレッカー移動され、慌てたことも。勉三の運転は、運転免許取りたての頃は教習で通らなかった道に入ると体が強張り、歩道橋の上を走行する、ハンドルを握ると性格が変わってスピード狂になりかけるなど危なっかしいものだったが、徐々に安全運転になった。

生計を立てるためアルバイトに精を出しているが、テレビ局ADやコロッケ店店員など職を転々としており、一つの職に定着したことはない。しかもほとんどのアルバイト先で尋常でないほどミスをしているらしく、クビになることが多い。
一度コンタクトレンズをつけたことがあるが、つぶらな瞳になったばかりかその顔を見た皆が吹き出してしまい、不評であった。サングラスをかけると悪人面になり、独特なセンスの服装も相まって周囲の人から恐がられたこともある。僧侶のバイトのため、スキンヘッドになったこともある。

ウィキペディアしらべ

ウィキペディアってすごいですね。

でも必ずしも正しいとは限らないので、みんなも情報の判断に注意しよう!!

広告