黒坂正二郎さんとの話

今日黒坂さんが髪切りにきてくれました。

時々来てくれる

初めて会ったのは池袋のライブハウスのブッキングでした。
その時は共演者にすごく優しいポップスを歌う方がいて、一番前の席に若い女の子のお客さんがテーブルを囲って3人くらいいました。

 

その人の出番が終わってもそのお客さんは残って見てくれてて、黒坂正二郎さんのステージになった時、黒坂さんはマイクスタンドを「ガンっ」とそのテーブルに乗っけました。

(あれのっけてねえかなスレスレのとこだったっけ。とにかく直前)

 

 

当然そのお客さんはびっくりしてたのですが、後ろで見てた俺は「こええよなんだこの人…」とそのパフォーマンスに恐れをなしてました。

 

 

ライブ終了後、みんなでワイワイとダーツをやることになって、黒坂さんと俺とかで4人で対戦をし、「ビリがトップにビールをおごる」というルールになりました。
俺はこの時「絶対に自然に負けなきゃいけない」と思っていたのですが、結果は黒坂さんがビリで俺がトップという非常に低レベルの試合になってしまいました。

 

初対面の黒坂さんにビールをおごってもらう事になってひどく恐縮した記憶があります。

 

今や全然変に気を使う事は全くなく、普通の話を普通にするので、面白い人という印象が強いです。

 

ちなみにライブはお客さんと喋る事も全くなく、共演者のステージを見る事もあんまりない人ですが、喋るとすごい喋ります。

本来アーティストはこうあるべきなんだなーとか、色々と感じさせられる人です。

 

広告