まんが道

自分のお客さんで藤子不二雄Aに詳しい人がいるんですが、語り合っているうちに「やっぱり『まんが道』は読もう」と思いました。
なんとかタダで「まんが道」を読もうと何年も機会を逃していたんですが、いい加減にそういう考え方はやめて、愛蔵版のまんが道をAmazonで買いました。

そしたら汚いまんが道が届きました。


日に焼けてる

それから毎晩読んでいるのですが、それにしてもおもしろいですねえ。

でも序盤のあすなろ編がなくて、激河大介のくだりがすでに過去になってるんだよなあ。

それと「愛…しりそめし頃に….」はまた別に買います。
ものごっつい分厚い本なので、心して読もうと思います。

ちなみに数年前に御茶ノ水で藤子不二雄Aとすれちがったかもしれないという事がありました。

新聞社勤め期の先輩、変木さん

(追記)

あすなろ編あったわ。
収録順が違ったわ。

広告