スタンダードに戻ること

この前、英生さんのマーチンを弾かせてもらったんだけど、相変わらずすげえ硬え。
あのギターは英生さんじゃないとあれだけ鳴らす事はできない。

俺は今まで変な事ばっかりやってきたけど、全ての個性的なセッティングをやめて、張る弦も単純にギターに合ってるやつ、マイクもアコースティック用に作られてるやつにしたんだけど、なんだかんだでこれが一番発揮できる。

昔クレイジーだったのは、ハコ状のものに貼り付ければなんでもスピーカーになるオモチャみたいなのをギターにつなげて、ギター→ループステーション→それ→ギターというギターそのものをスピーカーにして演奏するスタイルを究めようとしたけど、すぐに倍音が倍々になってハウるからダメになったりとか、アコギにファズとかミニアンプで歪ませたりとか、バスドラ用マイクでストロークをズンズン鳴らしてみたりとかやったけど、アコースティックギターの音が一番いいという事に気づいたのでシンプルが一番だと思いました。

それでもこのギターは俺だから鳴る音もあると思うし、サイズ的にストロークのコツがいるものだし、ピックと指の奏法に合ってるので、やっぱりいいギターだと思います。
大切なのはなにを歌いたいのか、という事だと思います。

広告