男特有のこだわり

いろんな人にいろんなこだわりがあるのですが、女性より男性の方が人から見たらどうでもいいこだわりが激しいように感じます。
俺のギターに対するこだわりは、本当にごく一部の人しか共感できないし、なんなら反感すら買いかねない内容になってます。

ストラップ探すのに半年以上かかったし、黒い革のやつ買ったんですが、買ってもサイズ幅をミリ単位で調整するほどのこだわりです。
人によっては金をかけるし、人によってはブランドにこだわります。
ただ、小言を言わせて頂ければ「使ってる本人が納得」であれば、他人がどう感じようと一番それがいいものだと思います。

結局高いものを身につけても、それが似合ってない人ほどダサいものはないんですが、本人がいいならいいと思います。
だって他人が自分の事なんてわかるワケないんですから。

とはいえ、同じ好みがある仲間であれば助言や例を挙げる事はできます。

コミュニティはそのためにあるんです。

「そんなことより働け!これ以上家計を圧迫するんじゃねえ」と、家庭をもったり生活が絡んだりするとよくある話ですが、支出が常識の範囲であればそれを抑制するのはナンセンスだと思います。
なぜなら男(中には女性も)がもつこだわりを潰しても、生活に対するパフォーマンスが上がるどころかむしろマイナスになるのです。

「俺もバンドをやめて心を入れ替えてがんばろう」

なんて人間は稀です。

「バンドもやって仕事も頑張る!」ってほうが絶対にいいです。明るいから。

なので、こだわりはあくまで金のかかりすぎない範囲であればそれぞれこだわり続けるという事が健全だと思います。

広告