ビジネス

美容師はサービス業です。

日本では第三次産業に位置します。

比較的学歴もいらないので、頑張れば誰でもなれます。

俺はなんだかんだでこの道13年でして、今までその13年間、ただの一度も休んだ事がないのが自慢であります。

ただ、美容師という仕事は、時間でいうと月に250〜300時間ほど働き、日に換算すると12時間以上は拘束されています。

世界では首脳会談がどう進んでようと、セクハラ事件が盛り上がってようと、仕事に追われる庶民は目の前の業務をただこなすだけであっという間に一日がおわっていきます。

俺は30を過ぎても、ビジネスの場で活躍する人に憧れます。

自分で世界を変えようと、たくさんのジャンルの人を巻き込んで、次世代のスタンダードを作るのです。

例えば発電。

原子力に頼らなくても、現代のテクノロジーを活かして協力する場を作り挑戦する人がいます。

例えば権力闘争。

それに開発とか研究。

ビジネス。

etc

そんな世界にも少なからず興味があります。

実は美容師はクソ野郎だらけです。

年寄りも若者もクソ野郎です。

どんな世界でもクソ野郎はいるんでしょうが、少なくとも非常に遅れています。

俺はサービスとして世間の感覚に近づけるのがひとつの仕事と思ってます。

そのうち、もっと多種に渡って活躍できれば、一度しかない人生の中でも、「やってよかった」と達成感のある瞬間があるのでは、と思う今日この頃です。

広告