災害に対する行動について

度重なる災害に、被害に遭われた人たちや現地での思いを考えると東京で普通に仕事して生活をしている時にふと罪悪感にかられます。

実際に、「何かできることはないか」と考えても日常が押し迫って行動に至らない人たちがたくさんいるかもしれません。

自分もその1人で、以前も「手伝いたい」「現地で髪を切りたい」とか言っといて、被災地で活動する友達の話を聞きながらも、結局は募金しかしませんでした。

今回もせめてもの、というよりは妻が積極的に関心をもってる手前もあって募金しました。楽天で。

でも例えば、東京の人みんなが千円づつ出し合ったら国が見舞うお金の何倍も集まるし、(単純計算)税金でいちいち揉めるよりもそういった時に共済金としてお金を出した方がすっきりする。のは俺だけか。

再建するためには計り知れないお金が必要なんだろうから、そういうのに使われるんだったら多少ものが高くなってもいいよ。

外国にお金をあげたり、オリンピックにお金をかけるうちからもっともっとお金を出せれば、

企業はイメージアップだとしてでも救済をしてくれれば、

東京が少しくらい貧乏になってもいいよ別に。

他力本願ですみません。

広告