おれ独立しないよ

俺の事を案じていろんな方から独立を薦められるのですが、ありがたくお話を聞かせていただく一方で、自分にも考えがあるので独立はないです。

独立にもいろいろありますが、自分で店を出すメリットといえばなんと言っても自分の自由に仕事ができる給料の天井を自分で決められるといった事があると思います。

だけど、仕事の目的は社会貢献だと思ってるので、そこに行き着く一つの手段として「独立」という選択肢があるとしたら、普通に考えて美容室多すぎなのでさらに美容室を増やすというのは世のためになっているとは思えないです。

セルフで切ったり染めたり、T字で剃ったりしてもかっこいい人はかっこいいし、そこまで街に美容室いるか?って感じです。

それと、よく給料や労働体制で無茶が目立つ仕事ですが、ちゃんと売り上げてればちゃんとした会社ならちゃんと貰えます。

50万売り上げて20万とかもらってたらもらいすぎですが、100万売り上げて30万くらいは普通にでるし、150万売り上げれば50万くらいは、という風に売り上げさえすれば普通に貰えます。

(※立地とかスタッフ数にもよるので、仕組みは店によって違います)

給料がでる仕組みをちょっとでも考えれば、そんなに苦しい世界でもないと思います。

自分の売り上げが他人の給料に消えてくのはもったいないと思う人もいますが、そりゃ組織なら基本給や保証のためには当然です。

経営者次第ですが。

少子化が進んで、どんな職種もなり手がどんどんいなくなるのに反比例して店が増えてる。そんな世界をどうにかいい事だとこじつけて、借金まみれになってく人が多いってのが現状です。

なので、独立した方が稼げるというのは幻想です。

正しくは「独立して成功すれば稼げる」だと思いますので、もはや普通の美容室は勝算がないと思ってます。

出店するなら組織。計画的に。

そのほうが求めやすい店ができる。

(※例外として、ほんとに人気がある美容師が1人サロンやフリーランスでやってくって話は聞きます。)

じゃあ俺はどうするかっていうと、やっぱり組織で目立つ事が1番俺には合ってるので、環境を最大限に活かして生活しようと思います。

俺はあくまで趣味も含め家族との生活が第一なので、仕事で消耗して死んでくなんてまっぴらです。

でも、仕事は自分の時間の大半なので、どうせやるなら俺に関わる人の役に立つくらいの事を続けていきます。

地道にやってる人間が1番強いと思ってますので。

独立したことないのにいろいろ書いてすいませんね。

広告

よく聞かれる「市販のシャンプーってどれがいいんですか」といった質問に対して

美容師がお答えするなら、ドラッグストアなどで売られているシャンプー、コンディショナーは普通の洗剤なので、あえてどれがいいかと聞かれればパンテーンだとかメリットだとか話すんですが、強いていうならニオイで選ぶくらいでいいと思います。

身体に使うもので何か効果があるのは、誰がつかってもいいもの、というワケではないので、医者も美容師も人によってすすめるものは違います。

とはいえ、ロフトやハンズくらいになると美容専売品が流れて売ってるものや、モノがわかってればネットで安く手に入れることもできます。

それについてはあれこれ言われるのもあるんですが、俺は「これを買ってください。アマゾンで」と言う事もあるので、必ず当店で購入してくださいとは思ってないです。

で、1番聞かれるのは育毛系のやつなんですが、少なくとも6000円以上のものじゃないとあんまり効果が期待できません。

たとえ金をかけても、確率は確率なので必ず毛が生えるといったものは存在しません。

どっちかっていうと生活を改善できるとこから始めたり、神経質になりすぎないといったことのが重要だったりします。

それでもハゲる時はハゲるし、白髪になる時は白髪になるので、今の所は自分がそうなっても運命だと思ってます。

それでもどうしても…という方は育毛メニューが充実してる美容院にこまめに通うか、増毛系のメーカーに頼る方向になるのですが、そちらに関してはアテがありますので興味があれば。

(当然時間と金銭的なリスクは伴います。)

話を戻すと、良いシャンプーは人によって違うので、無添加だから、ノンシリコンだから、売れてるから、宮崎あおいが宣伝してるから、といった理由は全くアテになりません。

そして、市販のシャンプーはコストカットの部分でいろいろ工夫されてるからあの値段で、普通のシャンプーは安くて市販品の倍くらいです。

もちろん市販品がダメとも思わないし、つかってるのが良くないって人ばかりじゃないので、そんなに心配はいらないです。

いいものをっていうならいろいろあるってだけです。

ちなみに我が家ではユルルカのハーバルバンブーっていう医薬部外品のものを使ってます。

これに関してはネットより直に店で買ったほうが安いです。メーカーの管理が厳しい。

12月からはお店でオーガニクスっていうあたらしいのを扱うんで、俺はそれを使ってみます。

(生姜のニオイがする)

これは世界的に認可された国産ではトップクラスの植物由来のなんかすごい商品で、商品一つ一つにQRコードをつけて管理するという徹底っぷりなのでそのへんでは買えません。

(Rino a’alaでは買えるけどね)

効果としてはアンチエイジングといって、簡単にいうとおじさん化、おばさん化を防ぐ仕様になってます。

いいか悪いかは使ってみてから言います。

人の夢に出て来る率

人の夢に出演する率が高すぎます。

今朝はスタッフの金森の夢に出てきて、豪勢な料理が並ぶ中、俺が作った生肉だけをひたすら食わされる夢を見たそうです。
立場的に「まずいです」とは言えず、火の通ってない肉を飲み込めないまま朝が来て、非常に目覚めが悪かったというクレームを受けました。

オーナーの林さんは、俺がバイクで出勤したにも関わらず、飲酒運転で帰って捕まり、翌日マスコミが店に集まって来たという夢を見たそうです。

お酒を飲んでるとわかっていながらバイクで帰す俺を止められなかったと自分を責めていましたが、みんな優しいので俺が悪いにも関わらず自分が我慢したり自責の念にかられるような非常に不愉快な思いをさせているそうです。

他にもしょっちゅう「夢にソウイチが出て来た」と聞きますが、現実世界の俺は何もしていないので、バッシングする前に一度冷静になっていただけると幸いです。

(ライブのお知らせ)


10/6(金)

寿町 音小屋(神奈川)

http://taku6.wixsite.com/necoya
【サザエさんで笑える大人になりたいなあ】
open/19:00

start/19:30

charge/¥1800(1D inc )

live/

西村勇紀

中村壮一

水玉金太又

田中雅紀

「伝え方」のはなし

自分意外の社員に何か頼みごとをしたりされたりする時、教える時、指示、いろんな場面で「伝え方」の大切さをしみじみと感じる今日この頃です。

いままで、若かったんだろうけど事実だけを大事にしてたんで、スピーディに伝達して仕事を進めていくことが優先で、やりっぱなしが多かったです。

(そのため着手する事は多くても整理しやすかった)

しかし、同じ物事でも人に合わせて、その場面に合わせて、テンションに合わせて話し方をかえるだけでも全然はかどりかたが違います。

これは自分の性格やテクニックも関係してくるんでしょうけど、歪んで伝わることで余計な仕事が増える、というようなケースは軽減できます。

加えてフィーリングが合えばとてもいいパフォーマンスが期待できます。
そのためには、自分のコンディションをいつも一定に保つ事が必要です。

自分に限っては仕事に気分を反映させてはいけないのです。

具体的に話すとめんどくさいからもう寝ます。

(↑やりっぱなし)

ゆるふわ水野寝地

貧乏フォークシンガーの水野寝地が「おもいきってパーマをかけたいです」

と連絡がきたので、人生初のパーマをかけました。

水野寝地


友達からもらっためぞん一刻のTシャツを着て水野寝地がやってきました。

彼の求めている本来彼が持っていないゆるふわとかモテカジといった雰囲気を大切に、髪を切ってロッドを巻きます。

ロッドを巻いた水野寝地
リノアーラにはスタイリスト私物のヴィンテージ・グレッチの本もあるよ

 
ここからは写真だけでみてください。(めんどくさくなった)

 

沼袋フォーク系パーマ

¥9,180

(カット・炭酸泉ヘッドスパ・シャンプー・スタイリング込)




“Hair&relaxation Rino a’ala”


東京都板橋区仲宿47-9

https://www.fb.com/rinoaala/


※ご予約優先制

(Tel)

03 3964 8907

(Web)

https://goo.gl/vrh33u


受付時間

平日 10:30〜20:00(カット)〜19:00(カラー・パーマ)

土日祝 9:30〜19:00(カット)〜18:00(カラー・パーマ)


定休日 毎週火曜日

平井堅

坊主にしたい。

しかし職業柄坊主はどうかと思われるので、平井堅のような短髪にすることにしました。

というわけで、リノアーラの脂ののってるスタイリスト、金森にお願いすることにしました。

忙しい金森を捕まえて、どういう風に切ってほしいか伝えようとしても、いざ切られるとなると美容師といえど一気に素人になります。

「あのぅ、こういう風に切ってほしいです」




「あぁ…わかりました」

というわけで切ってもらいました。


Before




after




なんかいろいろすみませんでした。
ありがとうございます。

忙しいのにごめん

婦人画報

「婦人画報」をご存知でしょうか。

「家庭画報」と並ぶボリュームの雑誌で、主に伝統工芸や日本芸能などを取りあげたりしてます。
お店に置いてあるんですが月刊の割にボリュームがすごい。

付録で100ページレベルの小冊子


この本の写真の撮り方はきれいで、旅好きにも読み応えがあったり、いろいろと品のあるものが見れて楽しいです。

ただ、品がありすぎて時々スピリチュアルな方向にもなります。


5月号では魔法の特集




魔法は魔法でも魔法学校を特集して、魔法陣をぐるぐる回ってる写真などもあって暴走気味なのかな?と心配になりましたが、人によっては幅広い層でけっこうおもしろいと思うので、お店に来た時よかったらどうぞ。


プレミアムフライデー

なんかバックルームに落書きが置いてあった。なにわ小吉でもいたんだろうか

営業おわったら真っ直ぐ帰ろうと思ったけど会議だった。

美容師も組織の中ではサラリーマンで、中間管理職です。

安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定安定

独立

5年くらい前に横浜で有名な手相占い師の方に、人生で一度だけ占ってもらった事があります。

俺は占いの類いは全然信じてなくて、神も仏もいないと思ってるのですが、振り返ると不思議と全て当たっていました。

「こうなるのは〇〇歳、こうなるのは〇〇歳、こうなるのは年内」と、特に何にも言ってないのに手相を変な棒でつっつきながら説明してくれました。

「何が知りたい」と聞いてきたので、「仕事はどうなりますか」と尋ねたら、


「あなたは経営には向いてない。プレイヤー体質です。」


と言ってくれました。
続けて、

「ただし独立するなら32歳。」


と言われたのですが、俺今年32なんだよね。

経営向いてなくて独立って何をもって独立なのか色々あると思うけど、友達もお店持ち始めたり、運営を任されたり、、ってのが出てきてるので、何か俺も活きる道がないかなあと毎日考えてるところです。

占い信じてないのにこういうの覚えてるってことは、当てられて気にしてるってことかなあ。

それとも気にしてるから運命が言われた通りになりやすいだけなのか。

いずれにしても信心深くはないのですが、迷った時に客観的な話を聞く分には面白いかもしれませんね。

 


すごい回復スピード

ハサミ買ってから指切ってもすほいスピードでヒフがくっつく。
マメに研ぐとそんだけ切れるのね。

あと「すほい」ってなんだよ。

あえて直さなかったけど。

2時間くらい前にだいぶ血がでてたけどもうこの通り