独立

5年くらい前に横浜で有名な手相占い師の方に、人生で一度だけ占ってもらった事があります。

俺は占いの類いは全然信じてなくて、神も仏もいないと思ってるのですが、振り返ると不思議と全て当たっていました。

「こうなるのは〇〇歳、こうなるのは〇〇歳、こうなるのは年内」と、特に何にも言ってないのに手相を変な棒でつっつきながら説明してくれました。

「何が知りたい」と聞いてきたので、「仕事はどうなりますか」と尋ねたら、


「あなたは経営には向いてない。プレイヤー体質です。」


と言ってくれました。
続けて、

「ただし独立するなら32歳。」


と言われたのですが、俺今年32なんだよね。

経営向いてなくて独立って何をもって独立なのか色々あると思うけど、友達もお店持ち始めたり、運営を任されたり、、ってのが出てきてるので、何か俺も活きる道がないかなあと毎日考えてるところです。

占い信じてないのにこういうの覚えてるってことは、当てられて気にしてるってことかなあ。

それとも気にしてるから運命が言われた通りになりやすいだけなのか。

いずれにしても信心深くはないのですが、迷った時に客観的な話を聞く分には面白いかもしれませんね。

 


広告

すごい回復スピード

ハサミ買ってから指切ってもすほいスピードでヒフがくっつく。
マメに研ぐとそんだけ切れるのね。

あと「すほい」ってなんだよ。

あえて直さなかったけど。

2時間くらい前にだいぶ血がでてたけどもうこの通り

頭かたいって言われたんですけど

こんばんは。

頭のかたいソウイチです。

他の美容室の後輩から「ソウイチさんは頭のかたいイメージ」って直に言われたんですが、自分では柔軟なつもりでした。

確かに、業務的な面ではロジカルに進めるので、側面だけ見るとかたい人間に映るかもしれません。

俺からから見るとみんなの方が真面目だと思いますけどね。

責任感は必要ですが、真面目すぎて何かうまくいかなかった時に激しく落ち込んだりフットワークが重かったりするように思えます。

ある意味じゃ「どうせ仕事なんだから」って感じも必要です。

真面目にやりすぎて苦痛になるというパターンは避けたいとこ。

もちろんそう簡単にはいかないんですが、気構えとしては愚痴をこぼしながら仕事するくらいでちょうどいいんです。

それと関係あるかわかんないんですが、だいぶ前に店のKくんという若い男の子に

「市原隼人の髪の色ってどうすればできますか」

と相談されて、

「市原隼人って誰??」

と言ったら

「ええっ?市原隼人を知らないんですか!?マジっすか!?ソウイチさん、ヤバイっすね!」

と執拗に驚かれ、俺は

「えへへ…やばいかな」

とヘラヘラしてたんですが、

その日の夜の終礼にて、別の事でKくんを吊るし上げ、集中的にボロクソ説教をするという極めて陰湿な仕返しをしたことがありましたが、

あっ眠いねる

二足の草鞋を履くというが

こんばんは。

日本のソウイチです。
音楽と美容師、よく二足の草鞋を〜なんて言ってくれるんですが、売りにするほど商売になってないので、

美容師=仕事

音楽=趣味

と割り切ってます。
でも趣味が充実するには仕事が大切だと思ってますので、そっちではけっこう商売根性があるつもりです。

美容師というのはなかなか時間と金銭に報われない面がある反面、働き方に自由度がある職種でもあります。

雇われたり雇ったりの他、先生になったり開発したり、業者になったり他業種で活かせたり・・

俺も何か新しい事がしたい。
このままだと年を追うごとに旬が過ぎていくような感覚があります。
音楽では唯一誇れるのは、支出がないという事。
ちゃんとお店はバックが出る条件のところでやらせていただいてるし、CDが売れればスタジオ代や機材費がまかなえる。制作費は抑えてリリースしてるので、それでもいいものさえ作れれば一生の音源になる。
最近ギター買ったから今はその分マイナスだけど、本当に後悔のないものが手に入れられたし。

みんなのおかげで二つともバランスがとれてます。感謝。

刃物だいすき

こんばんは。

去年買ったハサミ、同じものを二丁使ってるんですが、だいたい2ヶ月にいっぺん交代でメーカーに研いでもらうんですね。

今回使ってたやつもそろそろお願いしようかなーと思って、新しく研ぎ上がったハサミを使いはじめたら、あまりにも切っ先がするどすぎで若干切りづらかったので、

切れ味がよすぎるから研ぎ直してもらうといういままであんまりやったことがないお願いをしました。

わかりやすく比較写真があります。

研ぎ直す前
研ぎ直した後
このように比較するとわかりやすいと思いますが、切れ方も柔らかくなかなかいい感じになりました。
今月もよろしくお願いします。

こだわりがあるアピールでした。

今月の金澤さん


こんばんは。

8番ライトを守ってた中村です。

今回の金澤tk拓也さんは、ライブ前なのでエグいグラデーションをやらせていただきました。

けっこう楽しみにしてる人がいるみたいで嬉しくです。

過去のはインスタグラムでいくつか見れるよ。


ベースはこんくらい。

塗りあがりはこんな感じ。

塗布にコツがあります。

a)クリア剤(無色)+紫  100:1

b)紫+青  5:1

c)紫+青+黒  5:1:1

根元>中間>毛先

a>b>c

で塗って毛先をアルミで包む
でもマニュアルあるカラーじゃないんで、色も塗り方も勘です。


あっためた後、冷やします。


あと1回か2回ブリーチすれば白→紫のグラデーションもできるのですが、1日で人体にやるのはちょっと気がひけるので時間があればそのうち。

仕上がりはこんなん

バージン毛からやるとするとだいたい2万くらいの仕事です(生々しい)。
3/11に渋谷プラグでライブ、軍艦島で一緒だったハヤシさん(中野ハリセンボン)と出演しますよ。すでに200人くらい埋まってるらしい…

(その頃には色抜るかなあ)

今月おわたー

2月はヒマかと思いきや、それなりに忙しくさせていただいてよかったです。

美容室は3、4月が一年で最も忙しいので、来月からはそのつもりで頑張りますのでよろしくお願いします。

華の中間管理職、自分以外の人の成長に面白さを感じる今日この頃でございます。



ありがとう!

いい年だから髪短くしてもらったん

カメラはわかんねえ

投稿がとらのあな行った話で終わってた…

去年からインスタグラムはじめたんだけど、こっちは完全に美容師のアカウントです。
っていうか撮った髪型をカタログ的に使うツールみたいになってますが、中村壮一に切られるのが恐ろしいって方はよかったら見てみて心の準備をしてね。

このコラムの一番下にアイコンがあります。

でもインスタの面白いとこは他の人の写真が見れるとこで、楽器はもちろんだけど、髪型とか作品を見るのは楽しいね。
撮影やってる美容師さんにはそういう土俵じゃ絶対勝てないし、床屋の刈り上げなんてバカみたいにうまいもんね。
最近じゃ学生でもすごい髪型作るし。
なかなか楽しいです。